自分で作る「チラシ・資料」 内容の考え方からパソコン操作まで!まるごとサポート

SNSでの情報も以前にくらべて増えてきて、埋もれてしまっている感もあったりと。
だからこそ、直接、手に届くリアルなツールの価値を、改めて感じているかたもいらっしゃるのでは?と思ったりしています^^

今日のテーマ、自分で作る!手にとって、読んでもらえる「サービスを知ってもらえるツール」
ツールといったら、パンフレットや案内資料、営業ツール、ちらしなど…

自分のサービスのことを知ってもらいたいけど

「パンフレットや資料などがなくて、知ってもらう機会を逃している」
「今のツールでは、サービスのことが具体的に伝わらない」
と感じたことはありませんか?
「どんな仕事をしてるんですか?」と聞かれても、言葉ではうまく伝わらなかったり
「パンフレットはないですか?」と言われたのに、渡すものがなかったり…
そんな経験がある方もいらっしゃるのではと思います。

「サービスを、具体的に知ってもらえる自分のツール」があると
✓提供しているサービスを、話さなくても必要な方に知ってもらうことができたり
✓自分の分身のように、ひとり歩きしてサービスのことを伝えてくれたり
✓紹介されやすくなったり

サービスを知ってもらえる機会が増えます^^

また、「ブログやホームページを見てもらえない…」といったお悩みにも
ツールから、ブログやホームページへと誘導して、見てもらえるきっかけ作りもできます。

例えば、どんなツールがあるかというと
・サービスを説明する資料
・事業所、施設、会社の紹介ツール
・講座、セミナー、勉強会などご案内するツール
・ホームページ、ブログにつなげるためのツール
・お客様に提案する営業資料 など
活用方法も
・手渡し、配布、メールに添付
・カタログスタンド、チラシラックに

・三つ折りにして折パンフに。ほかのお店に置いてもらうなど
・DMとして郵送
・ニュースレターのように定期的にお客様に届ける など。
A4サイズのツールも二つ折り、三つ折りにして折パンフに。

そういった「チラシ・資料」がご自身で作成できたり、内製化できる実践・伴走サポートもしています。
詳しくは、こちらからご覧ください!

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA