【フロントサービスだけの小分けチラシ制作】外部の販促スタッフのように、長く一緒に。

約8年前よりチラシのご相談をいただいている長嶺リフォームセンター様。
毎回、一緒に販促について、あーでもない、こーでもないなどアイデアを出し合いながらの長いお付き合いです。

チラシをはじめDMや名刺、パンフのご相談、看板デザインやホームページのサポートなど、外部の販促スタッフのようにいろいろ携わらせていただいています。

今回は、チラシのご相談。

提供できるサービス全体をチラシで伝えるのか・・・

それとも

フロント(入口)のサービスだけに絞ってチラシで伝えるのか・・・

 

チラシの使い方でチラシ内容も変わってきますが
今回は、フロントになりそうなサービスに絞ったチラシを制作させていただきました。

 

「火災保険での修理 お知らせのチラシ」↓↓↓

 

「雨漏り調査だけのチラシ」↓↓↓

1つのチラシ面に1つのメッセージなので、シンプルに分かりやすく伝わります。

チラシに限らず、伝えたいことをいろいろ書きすぎると、逆に伝わりにくくなることも。

ですので、特に意識することは

お客様の視点で考えて、一つのゴールに向かって必要なことは書くけど、ゴールに向かううえで必要ないことはあえて書かない・・・です。

(この場合のゴールは、チラシを見て行動してもらいたいこと)


例えば、今回のように実際にチラシを作らないにしても、ご自身の提供されているサービスのなかで

お客様が一歩を踏み出しやすいフロントになりそうなサービスは?
最初に興味もってもらえそうな情報は?

など

サービスを絞った小分けのチラシを作るとしたら・・・と考えてみると

「まず、◯◯◯を伝えてみよう!」

とか

「◯◯◯なサービスを作ってみよう!」

など、新しい気付きやヒントがあるかもしれません^^


と、話しはもどり

今回は、お客様が一歩を踏み出しやすい フロントサービスだけに絞った小分けチラシのご紹介でした。

お客様に喜んでもらいたいと提供している商品やサービスが
それを必要としている方に、届きますように!

今日もありがとうございます!

===

ホームへ

LINE公式で情報もお届け中
月2回程度の配信です^^↓

コメント

*
*
* (公開されません)