お打ち合わせで、じんわり共感したから備忘録

今日はオンラインで県外のお客さまとお打ち合わせでした。

施術で痛みを和らげるお仕事をされていて
体のことはもちろん、考え方など自分たちにはない視点のお話がとても学びになります。

そのお客さまとパンフレット制作でいろいろな話をするなかで心に残った言葉がありました^^

それは

「痛みを和らげることで、お客様を助けているつもりだけど
でも、本当は自分がお客様から助けられている」

「お客様の痛みが改善し良い結果がでることで、自分も助けられています」

それを聞いて、ちょうど思い当たることがあり

先日、別のお客様のヒアリング中に何気に言われた

「いま一番、困っていることは、うちの場所が分かりにくいことなんです」

の一言が気になって、場所が分かるように道順案内の画像を作りました。

今回のサポート外のことだったので、逆にありがた迷惑だったら…とちょっと心配していましたが、とても喜んでいただきました^^

客観的にみれば私たちが自分たちのスキルで困っている方の力になれた、価値を提供できた、ということかもしれませんが

私の気持ちとしては不思議とそうではなくて。

もしかしたら、おせっかいかも?と心配しつつの私たちの申し出を、気持ちよく受けてくださったことで

「自分たちのスキルを提供できる機会をもらえたことに感謝」
「喜んでいただき、役に立てたことで嬉しい気持ちになったことへの感謝」

というような感情で^^


だから、今日の打ち合わせでの

「痛みを和らげることで、お客様を助けているつもりだけど
でも、本当はお客様から自分が助けられています」

の言葉が響いて

「改めて本当にそうだなぁと、じんわり共感」でした。

ふつうにみると私たちがサービス、価値を提供しているようですが、
私たちも逆にお客さまから受け取るものもたくさんあって。

だから、今までこうして続けてこれました。
(同じように感じていらっしゃる方もおられると思います^^)

自分たちがもっているものを受け取ってもらえることへの感謝。

自分の心にあったことを、話のなかで言葉にしてもらったことで
大事なことを気付かせてもらえました^^

 

と、今日は備忘録でした。

まだまだな私たちですが、いいエネレギーを循環できるように
感謝の気持ちで過ごしていきたいなぁと思います。

 

今日もありがとうございました。

 

=====
「コロナに負けるな」応援企画!
主に飲食店様向け「チラシテンプレート」(期間限定 無料)

無料相談・サービスメニューへ

コメント

*
*
* (公開されません)