販促ツールの相談・サポート・講座・勉強会・制作

販促ツールの(相談・サポート・制作)マツムラクリエイティブ

店頭での情報発信で大事なこと★業種を伝える方法

店頭のツールや看板などでの情報発信

大事なことの一つとして

「業種がわかること」

販促ツールの入門講座でも伝えていますが
看板というと、ついついお店の名前を大きくしがちですが

必要な人、探している人に見つけてもらうためには
「何屋さんかわかること」も大事。

例えば、おしゃれな雰囲気のお店でも

美容室? カフェ?

と、分かりづらいお店をたまに見たりしませんか?
(あえて、それを狙っている場合もあると思いますが・・・)

新しいお店ができた!と気になっても
運転しながらだと、何屋さんかパッと分からなかったりします。

で、しばらくたってから
店頭にのぼりがでてたりして、「◯◯屋さん」だったのね!
とだいぶたってから、知ることも多々あります。


「何屋さんかわかる」方法として

「言葉で伝える」

「写真で伝える」

「イラストで伝える」

などありますが

たまに、どれもお店の雰囲気にあわないときがあります。

そんな時の方法として、もう一つ。

私たちが提案しているのは



「シルエットで伝える」

例えば

美容室さんだったら、はさみのシルエット

インテリアショップだったら、椅子などのシルエットなど。

おしゃれなお店や、イメージを固定させたくないときは
業種を伝えるのに「シルエット」をつかう方法もあります^^

通りの方に直接アピールできる大事な店頭。
お店の雰囲気や、打ち出したい情報にあわせたアピール方法。

店頭ツールもいろいろあるなか
どうアピールしたらいいのか悩まれている方もいらっしゃると思います。
(実際、店頭ツールのご相談は多いです)

 

今日のブログが何かしら参考になると嬉しいです~!

 

読んでいただきありがとうございました!

=====

 

次回の日程調整中です・販促ツールの入門講座▼
https://peraichi.com/landing_pages/view/hannsoku

=====

LINE@の登録はこちら▼
友だち追加
販促のヒントやブログ更新情報 販促ツールの講座情報など
月2回程度LINEで届きます!

ホームへ

コメント

*
*
* (公開されません)