「好きなことを仕事に」の前に

「好きなことを仕事に」このフレーズ、よく聞かれると思います。

自分が好きなこと、得意なこと、時間を忘れて打ち込めることが
仕事になって、お客様にも喜んでいただけたらとても幸せだと思います(^^)

が、注意しないといけないことがひとつ・・・

 

それは、考える順番。

「好きなことを仕事に」というと最初に自分のことから考えていますが
その前に大事なこと・・・

それは、お客様。

最初に考える順番は、お客様から。


「お客様は本当にそのサービスを欲しがっている?」
「お客様の悩みはなに?」
「その悩みや欲求は、お金をはらってまで解決したいこと?」

など、大事なのはそこにニーズがあるのかどうか。

と、ここに書いている私ですが
ビジネスを長く学んでいる先生に毎回のように、このフレーズは質問されます。

 

だからではないですが・・・

最近、お客様の悩みを聞く機会がありました。

お客様も私も同世代。悩みというのは

「インスタ投稿はできるけど、ストーリーズとか使い方が分からない」
「Canvaで画像を携帯で作ってインスタに投稿したいけど、どうすれば・・・」といったこと。

人の投稿をみて「私もこんなふうにできたらいいのに」と思いながらもそのまま。

私も、検索すれば、情報はでてくるけど時間もないし、はじめの一歩がひとりだと進まない。挑戦してみても、ちょっとしたことでつまずいて、途中であきらめてしまったり。なので、「わかる、わかる!」と共感でした 笑。

今回は「そこに時間をかけたくないので最低限の操作だけで、できるようになりたい」とのこと。

私も詳しいわけではないですが、最低限の操作でいいならと、今度、サポートすることになりました。

逆に、詳しくない私だからこそ、分からないところや、つまずくところが分かる(^^)
アナログな私の場合、「これどうだったけ??」となったときに、紙ベースのテキストが手元にあるとすぐ見れるので安心。なのでポイントを書いたテキストも作成。


どうやったら分かりやすいテキストになるのか・・・と、こういうの考えるのも好きなんです。(最後のテキストのレイアウト整えはダンナさんに)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC3434.jpg


今週、講座予定です。喜んでいただけるといいなぁ(^^)

お客様の悩みから講座がふたつできました。

「投稿はできるけどストーリーズが分からない人のためのインスタ講座」
「最低限の操作で携帯でつくるCanva画像」といった感じかな^^

楽しくできたらいいなぁと思っています!

「販促ツールの制作を依頼したいとき」
「ご自身で取り組みたいとき」
どちらもサポートできるように。  私たちの引き出しが一つ増えました^^

お客様が悩んでいることで、自分が好きで解決できること。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

ーーー

 

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA