『制作を依頼して作ってもらう』
『でも、自分でできるところは、自分で作る』
制作を依頼して、しっかりツールを作りたいときもあれば、コストをかけたくないときや、変更が多いときなど、ご自身で作りたい場合もあるかと思います。

場面にあわせて制作やサポートができるように、私たちがお役に立てればうれしいです。


制作担当 代表 松村道裕
〈詳しくはこちらをクリック〉


マツムラクリエイティブの松村道裕です。
販売促進ツールのレイアウトデザイン制作に携わり20年近くになります。

お客様からは
「うちらしく、見た目も内容も背伸びしないちょうどいいパンフレットができた」
「情報がきちんと入りながらも、レイアウトが見やすくて良い」
「作成する松村さんと直接話せるので、伝えたいことがスムーズに伝わる」
「作成はもちろん、印刷まで全てしてもらえるので助かる!」
など喜んでいただいています。

■得意なこと
・文字だらけのレイアウトを見やすく整える。
・様々な業種の制作経験が豊富で、特に柔らかいデザイン(優しい雰囲気)が得意です。
・チラシ作りや制作作業についてのサポート、アドバイスなど技術やノウハウを教えることが大好きです。(同じことを何万回聞いても嫌な顔しない自信あり)
・スマホアプリで動画作成。iPhone SE2 ←(あえて)でシネマティックに動画を撮ることを只今勉強中。何事も基本が大事だと思っています。

■登録
2013年:熊本商工会議所エキスパートバンク登録専門家登録

■起業のきっかけ
飲食業に興味を持ち勤務していた広告制作会社を辞め、お客様が対面でオーダーする飲食店で働くことに。
お客様がよく質問される商品のPOPを作りはじめました。
お客様の声を反映させ作成した「おすすめ商品のPOP」を、お客様が指差し「これ1つください!」と、商品が売れていくのを目の当たりにし、生の声から販促ツールを作ることが売り上げに繋がるのだと改めて実感しました。
※販促ツールはデザイン性が重要だと思っていました。もちろんデザインも重要ですが、今は伝える内容をお客様の視点で、お客様が知りたいことを伝えることが大切だと思っています。

このことから、もしかしたら、他のお店でもPOPが無くて困っているのではないかと思い始めるようになり
知り合いの紹介などでPOPを提案させていただいたりしながら、口コミなどご紹介でお仕事をいただくようになり起業しました。

おかげさまでマツムラクリエイティブは11年目になりました。
制作の他にも今までの経験から「チラシのテンプレートサービス」「パワポ講座」」伝え方の講座」など、これからツールを内製化する方向けのスキルアップサービスにも力を入れています。

伝える内容やレイアウトが、分かりやすく綺麗にできず苦しんだ過去があったからこそ
悩んでいる人に、今まで培ってきた技術や経験、ノウハウを惜しみなく提供していき
お客様と一緒にスキルアップしていければ嬉しいです。









原稿作成担当 松村 理恵
〈詳しくはこちらをクリック〉


【お客さまを喜ばせたいと提供している商品 サービス】を必要な方に届ける

「名刺、パンフレットで伝えたいイメージはあるのに、どんな内容や文章にしたらいいのか分からない」
「チラシを作りたいけど、ピンとくるものが作れない」など、ご相談をいただいています。

ご依頼いただいたお客様のおもいと、そのさきのお客様の気持ちに寄り添い、サポートや制作をして今年で11年目になりました。POP、チラシ、パンフ、名刺など原稿制作1000件以上。
伝える内容、文章、構成などから一緒に考え原稿から制作します。お客様からは「作ったツールから問い合わせがあった」「分かりやすいパンフレットができて説明しやすくなった」「言われたとおりに作るのではなく、第三者の視点で提案してもらえるから助かる」など嬉しいお声をいただいています。

■サポート例
〇 伝えたい事がまとまらない方向け サービスの魅力引出し言語化 カウンセリング
〇 パンフレット、折り名刺 制作

■今までのこと
大学卒業後、インテリアコーディネーターを目指し、水まわり(キッチン、浴室など)住宅設備機器メーカーのショールームに勤務。約8年、現場でお客様の本音の声を聞き、水まわりプランを提案するとともに、ショールームのPOPなども制作。そういったツールの制作が好きで楽しいことに気付く。
その後、イラストレーター等を学び、POPという言葉にひかれ、店頭での看板デザイン、POP等を制作する会社に勤務。集客につながる店頭ツール等の提案をする。
上記会社に約1年勤務後に子育て両立のために転職。(仕事と子育て両立と大変な時期 病院 受付・医事課勤務)
長年、広告代理店や印刷会社に勤務していた夫が起業し2011年1月 マツムラクリエイティブ設立
共にPOP、パンフレット、チラシ等の制作活動開始。2013年チラシ、レイアウトの勉強会を開始。現場での接客業10年以上の経験から、販促のヒントは現場やお客様の声にあることを実感。
よりお客さまに伝わる良いツールを提供したい、伝え方にも方程式があるはずと、某広告作成認定アドバイザーになり、約3年半の活動を経て現在。今は伝わるチラシのノウハウ、今までの経験、主婦目線を販促ツールに活かし活動をして11年目。「お客様視点で分かりやすく親切な販促ツールを作る」をモットーにしています。

私自身、自営業の家で育ち、いい時も悪い時も経験しています。子ども時代に親の仕事が心配で不安だったことも。(親に頼れない?と思い大学の学費は働きながら、2年間は夜間大学に通い全部自分で払いました)
また、この仕事をはじめる前に家の手伝いで私が作ったチラシが全く反応がなく、誰も来なかった経験もあり…その当時は、伝え方のコツがあることさえも知らず、チラシは、目立てば手に取ってもらえるし、ただ情報をのせればいいと思っていました(苦笑)当時は、チラシの反応がない原因も分からず、相談する人もなく…こういった経験も、今の仕事にもつながっています。

■「ありがとうが繋がる」 あたたかな販促ツール
話を聞くのは好きな反面、自分の話をするのは苦手です。
学生の頃から大事な気持ちを伝えるときは、伝え下手なので「手紙」。それは、今も変わらず「どんな仕事をしているんですか?」とふいに聞かれたら、うまく伝えられません。

困っている人に喜んでもらいたいと提供しているサービスなのに、自分が何ができるのか上手く話せない…。
そんな私にとって、私の代わりに伝えてくれるパンフレット、名刺などのツールはなくてはならないもの。困っている人に自分の存在を知ってもらえる、自分のサービスを必要としている人と出会えるきっかけをつくってくれます。

販促といったら販売促進。「売る」といったイメージがあると思います。

でも、私のなかでは販促ツールはもっとあたたかなものなんです。

どういうことかというと・・・

お客さまを喜ばせたいと提供している商品、サービス
そして、その商品、サービスを探してる人と繋がるお手伝いをするのが販促ツール。
提供している人、そして探している人の「ありがとう!」が繋がるきっかけになる販促ツール。


お客さまを喜ばせたいとサービスを提供している方
お客さまをおもう気持ちが強いばかりに、伝えたいことがたくさんありすぎる方

そんな方と、力になりたいお客様のイメージを共有しながら、サービスが必要な方に届くように一緒に考えながらツールを作っていくこの仕事が好きです。

「説明が難しい私のサービスが、ちゃんと伝わるようにまとまっていてすごい」
「私が伝えたいことが、全部はいった私の分身のようなチラシができた」
「デザインはできるけど、内容は自分で考えてくださいといわれて困っていたので、松村さんと出会えて良かった」
「一緒に考えていくうちに、いろいろあるなか、本当に自分がしたいことが見えてきた」
「自分の良さを教えていただいたりして、自分の仕事がもっと好きになりました」

私がこの仕事をしていて良かった!と思う瞬間です。
お客さまと、その先のお客さまにも喜んでもらえて、あたたかで幸せな輪がひろがる・・・

そんなお手伝いができて、仕事を超えて一緒に喜ぶことができたらうれしいです!

■プライベート
・休日は自然があるところに(立田山や南阿蘇など。近場の山でおすすめがあったら教えてください!)
・菊池郡合志中学校/熊本県立商業高校 情報処理科/熊本商科大学(夜間部→昼部)

ブログを書くのが好きで・・・よかったらこちらをどうぞ!






番外編
〈こちらをクリック〉

私たちは夫婦ふたりで活動してますが、よく聞かれることについて…の番外編コーナーです!

Q:
デザインはどっちがしているのでしょうか?
A:
デザインはダンナさんがしています。
保育園さまや女性の方の名刺など、やわらかくやさしいデザインの場合は特に「奥さんがデザインしているんですか?」と聞かれますが、全部ダンナさんのデザインです。デザインのイメージがわくまで、しずかに悶々としています(笑)

Q:
お子さんは、いるんですか?
A:
中学生と大学生の娘がいます。もの静かな妹と、勢いと直感だけ?の姉と、真逆の性格だけど仲良し姉妹です。

Q:
夫婦ケンカはしないんですか??
A:
ほぼ、ないです。なぜだろう?!(笑)

Q:
社名「マツムラクリエイティブ」はどうしてですか?
A:
当時、夫が尊敬している方の影響もあって「マツムラクリエイティブファクトリー」という社名でいくはずでしたが、私が手続きにいったときに、社名の記入枠に文字を大きく書きすぎて(汗)最後のファクトリーが入らず・・・
書きなおそうかと思いつつも、その場から夫に「もうファクトリーなくてもいいかな?」と電話し、あっさり「マツムラクリエティブ」となりました(苦笑)





ホームへ
会社名:マツムラクリエイティブ
住 所:熊本市 北区 鶴羽田
電話:096-240-5218
事業内容:名刺、パンフレット、講座
登録:熊本商工会議所エキスパートバンク登録専門家 松村道裕(販売促進ツール支援)